SEO対策とはどんなものか

SEO対策の「SEO」とは、日本語で「検索エンジン最適化」と呼ばれるもので、SEO対策は、検索エンジン(Googleなど)が自分のサイトの内容を理解しやすいように最適化することを意味します。なぜこんなことをするのかというと、検索エンジンが理解できる内容のサイトでないと、検索結果で上位表示してもらえないからです。

検索を行うユーザーは上位表示されたサイトにアクセスしやすい傾向にあるため、上位表示されないと、ユーザーがサイトを訪れる機会が少なくなって、サイトによる宣伝効果などが低くなってしまいます。しかし、逆に言えば、検索エンジンが理解しやすい内容であれば、上位表示されるようになり、サイトへの集客を増やすことができるのです。

検索エンジンはどんな基準でサイトを評価しているのかというと、まず挙げられるのは「検索キーワードに内容が合っているかどうか」ということです。例えば、「エアコン 安い」というキーワードで検索された場合、ユーザーは安いエアコンの購入を検討していて、その方法や、実際の値段を知りたがっていると予想することができます。検索エンジンは、こうしたニーズに合ったサイトをより上位に表示させようとするため、キーワードとコンテンツの内容に関連性を持たせることが重要になります。次に挙げられる評価の基準は、「品質の高い内容かどうか」ということです。いくらキーワードに関連性があっても、内容が薄いものだと良い評価は得られません。しかし、サイトの内容に専門性や信頼性があると評価されれば、上位表示されやすくなるのです。さらに、「外部からのリンクが多いかどうか」や、「検索エンジンのガイドラインに合っているかどうか」も評価の対象になります。

こうしたSEO対策のメリットは、集客効果を増やせることや、企業の認知度を上げられることです。ただし、検索結果が上位に表示されるなどの、実際の効果が出るまでにはそれなりの時間がかかってしまうことがデメリットだと言えます。