SEO対策のコンテンツ製作と外部対策

サイト運営の初心者が最低限押さえておく対策としては、内部対策の「検索ワードやリンクの最適化、コンテンツの利便性」のほかに、「コンテンツ製作」および「外部対策」などの重要な要素が含まれています。内部対策ができていたとしても残りのようその対策がしっかりとできていない場合、SEO対策が万全であるとは言えません。ここでは「コンテンツ制作の重要性」について説明します。

まず、「コンテンツ制作」では、「ユーザーが求める検索ページ」および「コンテンツにおける品質と信頼性の明示」が主な内容です。「ユーザーが求める検索ページ」の作り方ですが、主な目的としては自社サイトに存在しない検索ニーズを探し、常にユーザーが求めるニーズに合った「新しいコンテンツの作成」が求められます。メインワードをGoogleで検索することでキーワードが自動的に認識されているかを確認します。この作業こそが検索ユーザーの需要を探ることにつながります。中には「トレンド」や「地域」を探ることで戦略や需要の拡大につながります。

また、1ヶ月間でどのくらいターゲットとなるキーワードが検索されたかを探り、その目的に合わせたコンテンツを作成することも可能です。常にユーザーの反応を見極めてコンテンツを制作することがユーザーと検索ニーズに合ったサイトの制作につながります。次に「コンテンツにおける品質と信頼性の明示」について説明します。インターネットにおけるコンテンツの数は年々増加しています。多くのコンテンツが混在している状況だからこそ「コンテンツがユーザーに適切な状況を与えているか」ということは常に意識する必要があります。近年は検索エンジンも精度が高くなっていることから内容を精査して信頼性の高い情報がネット上に上がるようになっています。

対策としてはユーザー向けに「なぜ情報が提示できるのか」ということを根拠をもって明示することです。例えば、調査データなどを閲覧した場合は「データの元となる情報を提示する」あるいは「出版物の場合は、監修および執筆者」の情報を詳細に明示することが望ましいです。それをもとにユーザーは元となっている情報の名前を検索することが可能となり、「信頼性が高いコンテンツ」であると評価することができます。